Xapo登録方法

Xapoはなんと言ってもセキュリティの高さが最大の魅力です。

XapoCEOのCasaresは、Xapoが「ハッキングと破産に対して完全に保護され、保険されている最初のビットコンソールです」と主張しています。

wikipediaによると、XapoのCEOで起業家のWences Casaresは彼の故郷のアルゼンチンで経済が不安定で度重なる財政変動を経験したため、ビットコインに興味を持ち、2011年に最初のビットコインを購入しましたが、保管する方法が見つからなかったので、自分用に「金庫」を建てました。とあります。

これが2013年後半に設立されたXapoの基盤となったそうです。

Casaresはビットコインの通貨をより安全かつアクセスしやすくすることを目的としてXapoを設立することにしたのです。

 

Xapoの使い方

 

Xapoはウォレットなので、もちろんお金を入出金するのが主たる目的ですが、ここではXapoの便利な使い方を紹介します。

XapoをFaucetの入金所として使う

Xapoに登録したメールアドレスでfaucetの登録をすると、Claim(請求)した時に、出金手続きをすることなしに、直接瞬間的に仮想通貨がウォレットに着金します。

Faucetの詳しい説明と登録方法はこちら

ウォレットに送金する場合、通常はウォレットアドレスを入力しないといけないので、メールアドレスの登録だけで済むのは便利ですね!

Xapoデビットカードを作成して店舗で使う

Xapoは世界で始めてデビットカードに対応したビットコインのウォレットです。

Xapoデビットカードを持つ最大の利点は、デビットカードを持つことによって、直接にはBitcoinを使えない店舗でも、VISA加盟店ならばどこでも使えるようになるということです。

日本円に換金してBitcoinをチャージできるのでデビットカードは支払いの時には日本円で払いだされるので、使い勝手は普通のプリペイドカードを使っているのとなんら変わりません。

Faucetやマイニングなどで貯めたBitcoinを便利に使えますね。

海外旅行の時などは、現地のお金を持たずにお買い物ができて便利です。

クレジットカードでいいんじゃ?

と、思うかもしれませんが、海外でクレジットカードを使うと海外取扱手数料が上乗せになる上、クレジットカード会社の決めた為替レートで取引されるので割高になります。

Bitcoinから現地の法定通貨にいいタイミングでチャージすることで、手数料を最大限に抑えてお買い物ができるため、クレジットカードよりお得に利用できるのも魅力です。

(10月15日以降EU圏外ではXapoカードが使えなくなってますが、Xapoの公式ページにこうあるので、近い将来日本でも再登録できるようになるのではないかと思います。)

我々はヨーロッパ以外に住むお客様に対し、新しいデビットカードの解決策を講じるよう努力いたします。
-We are committed to finding new Debit Card solutions for our non-European users.

 

Xapoの作り方

 

では、Xapoの登録の仕方を一緒に見ていきましょう。

Sign upをクリック。

登録するメールアドレス、4ケタの暗証番号、任意のパスワードを入力したら、「私はロボットではありません」にチェックを入れる。

 

認証画面になるので指示通りにクリックし、最後に確認をクリック。

reCAPTCHAにチェックが入るので利用規約をチェックして【Create an account】をクリックします。

FIRST NAMEを聞かれるので名を入力する。

LAST NAMEを聞かれるので姓を入力する。

国を聞かれるのでJapanを選択する。

生年月日を西暦で入力する。

入力が完了するとメールが送信されます。

メールを確認し、【verify email address】のリンクをクリックします。

メール認証が完了しました。

【CONTINUE TO YOUR WALLET】をクリック。

ログイン画面になるので4ケタの暗証番号を入力。

ログインが確認出来れば登録完了です。

 

Xapoログインできない問題

私がXapoにアカウントを作ったのは10月末だったのですが、しばらくログインしておらず、2週間ぶりにログインしようと思ったら、こんな画面が出ました。

6-digit codeってなんだろう?

とりあえず、最初に設定した任意のパスワード入れてみました。

Invalid code, please check and try again.

どうやら違うようです。

【Learn more をクリックしてみると

なるほど、わからん。翻訳することにします。

ブラウザがGoogle Chromeであれば、右クリック→【日本語】に翻訳 をクリックすれば翻訳できますが、別のブラウザを使用している場合はGoogle翻訳にURLを入れれば翻訳されたURLリンクを表示してくれます。

6桁のコードを受け取るには、まずXapo モバイルアプリをインストールする必要があります。

どうやら、アプリを入れないと2段階認証できないらしい。

xapoアプリを入手する

【モバイルアプリ】をクリックします。

スマホの種類によってiOSかAndroidか選んでダウンロードセンターに移動します。

(スマホでXAPOサポートの画面を開いて赤枠のリンクから進むか、ダウンロードセンターでxapoを検索、Xapo・Bitcoin Wallet & Vaultをダウンロードします。)

開くと携帯番号を聞いてくるので入力します。

電話番号は国際表記なので、+81のあと、0を抜いた電話番号を入力します。

090-123-4567 であれば、+81901234567と入力します。

SMSに6桁の認証コードが届くので、入力します。

スマホのカメラで自撮りします。

送信して登録完了です。

xapoの二段階認証

スマホアプリを登録したのでこれでスマホからは4桁の暗証番号だけでログインできるようになりましたが、PCから入りたい場合は6桁の認証番号が必要になります。

xapoアプリを立ち上げます。

4桁の暗証番号を入力するか、Touch IDでもログインできます。(筆者はi-phoneです)

ログインしたらProfileタブを開き、Second Factorをクリックします。

6桁の認証番号が表示されます。

すぐに30秒のカウントダウンが始まるので素早くPCの6-digit codeに入力します。

(30秒を過ぎてしまったときは新しく表示されたほうの認証番号を入力してください)

Submitをクリックして無事ログイン完了出来ました。

Posted by pointseikatu