仮想通貨取引所

仮想通貨がどんなものなのか、なんとなく理解したけど、ビットコインなどの仮想通貨をどこでどうやって購入するのかわからない人も多いと思います。

仮想通貨販売所と仮想通貨取引所、その選び方について解説していきます。

仮想通貨販売所とは

 

仮想通貨販売所を簡単に説明すると、販売所で持っている仮想通貨の在庫を法定通貨で購入できるところです。

法定通貨とは日本円(JPY)のような、政府主導で管理しているお金のことを指します。

私たちが普段使っているお金ですね。

イメージとしては、海外旅行に行くのにUDドルが必要になったから、銀行の外国為替窓口でUSドル(USD)に交換してもらうのを思い浮かべてもらえればわかりやすいと思います。

仮想通貨取引所とは

 

仮想通貨取引所を簡単に説明すると、通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせるシステムを供給しているところです。

株や外貨などのトレードをしたことがある方は、どのようなものかイメージできると思いますが、知らない人には何のことかよくわからないと思います。

結婚相談所やハローワークなどのマッチングをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

結婚相談所やハローワークはいろいろな条件が絡み合うので複雑ですが、仮想通貨取引所は買いたい金額と売りたい金額が合えば交換(トレード)できます。

実際には取引所と販売所は併設されている場合がほとんどです。

仮想通貨取引所のメリット

仮想通貨販売所との違いは、販売所は販売所が個人に販売するものであり、手数料は一般的に高いです。

取引所は個人と個人の取引となり、仲介業者の手数料は販売所より安く設定されています。

頻繁に売買するなら取引所のほうがコストを抑えて利益を出しやすくなります。

仮想通貨取引所のデメリット

慣れないと購入方法がわかりにくい難点があります。

慣れていても売り買いの板が見づらく使いにくい取引所もあります。

売買が成立することを約定と言いますが、売りたい人はできるだけ高く売りたいし、買いたい人はできるだけ安く買いたいので、うまくマッチングしないと約定しません。

例:1BTCを201万円で売りたい人と199万円で買いたい人しかいない場合、約定しません。
  マイナーで人が比較的少ない取引所だと希望価格で購入できないといったことが生じます。

 

 

 

Posted by pointseikatu