KuCoin(クーコイン)登録方法

2018年1月7日

仮想通貨取引所KuCoin(クーコイン)が今ひそかに注目を集めています。

12月から仮想通貨市場がビットコイン一人勝ち状態から、アルトコイン高騰の流れに来ています。

2017年がビットコイン元年なら2018年はアルトコイン元年といったところでしょうか。

それに伴い、Binance(バイナンス)等のアルトコイン(草コイン)をたくさん扱う仮想通貨取引所の人気が高まっています。

しかしながらBinance(バイナンス)は1月5日から新規登録が一時的に受け入れ停止中(登録者急増でサーバー増強などのメンテナンスと考えられています)になっています。

そのため5分で登録完了、すぐに売買できるKuCoin(クーコイン)が脚光を浴びているのです。

 

KuCoin(クーコイン)とは

 

KuCoin(クーコイン)は香港の仮想通貨取引所で、2017年9月に出来たばかりのまだ新しい取引所です。

しかしながら、2017年7月に出来たBinance(バイナンス)と共通点がいくつもあり、ポストBinance(バイナンス)とも一部では呼ばれており、今後急成長する仮想通貨取引所として注目されています。

面白いのは、ICOのようにホワイトペーパーが置かれ、ロードマップまで公表している点です。

この中で2017年末までに50種類のコインを上場するとうたっていましたが、実際には65種類の上場が行われ、現在は70種類のコインを扱っています。

ほぼホワイトペーパー通りに予定が消化されており、この点でも非常に信頼度は高いと言えます。

KuCoin(クーコイン)もBinance(バイナンス)同様上場コインは投票で決められるので、粗悪なコインは上場されて来にくいという意味でも信頼度が高いです。

KuCoin(クーコイン)登録のメリット

Binance(バイナンス)が登録できないからKuCoin(クーコイン)。

だと、少し乱暴ですね。

Binance(バイナンス)が登録できなくて仕方ないから、というわけではありません。

KuCoin(クーコイン)は日本語対応

日本語対応していますので(翻訳が少々おかしいところもあります…)英語に自信がなくても、間違わないようにいちいちグーグル翻訳にかけてからといった煩わしいことをしなくても大丈夫です。

また、レートもデフォルトではUSD表示となっていますが、変更することが出来、日本円での総資産が把握しやすくなっているのも使いやすく気に入っている点となっています。

 

KuCoin(クーコイン)は登録が簡単で早い

KuCoin(クーコイン)の特筆すべき点は最速最短で取引が開始できるということでしょう。

仮想通貨取引所に登録しようと思ったときに、必ず必要でおそらく一番頭を悩ませるであろう、本人確認がいらないのです。

本人確認自体はID証明書と写真(運転免許証かパスポート)を登録する事なので難しくはないのですが、特に海外取引所だと確認に時間がかかったり、さらには不具合で戻されてメールのやり取りをし、1か月以上かかることも珍しくありません。

その一番頭を抱える部分をスキップできるのです。

しかしながら二段階認証も最初から登録できますし、売買には2段階認証が必ず必要になるため、セキュリティ面も特に問題ありません。

出金・送金にはあとで本人確認しないといけないなどもありません。

本当に全部の機能が5分程度で使えるようになるのです。

いつBinance(バイナンス)のように混雑してすぐに登録できなくなるとも限らないので、登録だけでもすましておくといいでしょう。(登録は無料です)

KuCoin(クーコイン)でしか買えないコインがある

Binance(バイナンス)と同様たくさんのコインを扱っているKuCoin(クーコイン)ですが、ビットコイン、イーサリアム等の超有名銘柄以外はかぶっていません。

別の銘柄を扱うことで差別化しているようです。

同じコインばかりでは取引所をたくさん登録している意味が薄れますからね。

また、KuCoin(クーコイン)のトークンであるKuCoin Shares【KCS】は当然ここでしか購入できません。

このトークンにも特典が付いています。

特典1 サポートが優先的に受けられる

KCSトークンを保有していると担当者との個別サポートや顧客サービスの優先アクセスが受けられます。

海外取引所のヘルプデスクを使ったことがある方ならわかると思いますが、メールを送ってから相当待たせられますので、優先権があるのはうれしいですね。

私はまだ困った事態に遭遇していませんが、いざという時にも安心できますね。

特典2 1000KCS保持毎に取引手数料が1%割引になる

この割引は最大30%まで適用されます。

とはいっても1KCS≒700円なのでちょっとフルは無理ですね。(1月7日現在1700円になりました)

もともとの取引手数料が他の取引所と比べても0.1%とかなり安く10万円取引して100円しかかからないので、よほど頻繁に取引しなければ割引がなくても気にならない程度です。

コインチェックでは取引板はビットコインのみなので、販売所の手数料が約5%であることを考えると10万円で5000円です。

基本ここで購入するコインはじっくり寝かせて育てる草コインになるので、割引はおまけ程度に考えておけばいいかもしれませんね。

特典3 保有で、KuCoin(クーコイン)の取引手数料の半分がもらえる

KCS保有量に応じてすべてのコインの手数料の半分を毎日配当のように分配してもらえます。

https://kucoinshares.com/で配当のおおよその計算ができます。

例えば1000KCS保有していれば、一日に$ 2.37≒268円の配当が得られます。

1か月8000円、1年で10万円です。

かなりの高配当ですね。

またKCSトークンは利益の10%を利用して4半期ごとにBurn(破棄)される事が決まっているため、希少価値による値上がりが期待できます。

値上がり分を考えると長期保有することがかなり有利なことが分かりますね。

こちらが1月7日のチャートですが、5日からの2日間でKCSトークンは2倍になっています。

クリスマスのころから比べると2週間で15倍になっていますね。

クリスマスに自分へのプレゼントと思って1000KCS≒80000万円購入していたら、今170万円になっていた計算です。

草コインはメジャーコインに比べてリスクはありますが可能性を秘めていますので、きちんと選定すればかなりの収益が見込めるので少額でも仕込んでおくといいですね。

出来高も50位に入っており、今のうちに手に入れておきたいトークンです。

KuCoin(クーコイン)登録のデメリット

デメリットらしいデメリットはないのですが、強いてあげれば中国の影響で規制を受ける可能性もあります。

しかしながら、先発のBinance(バイナンス)もそれは同じことであり、事前に何らかのアナウンスは行われ、いきなり取引停止になったりはしないと考えられます。

 

KuCoin(クーコイン)登録方法

 

KuCoin(クーコイン)会員登録

KuCoinの登録方法は本当に簡単です。

まずはバナーをクリックして下さい。

公式サイトが開きますので日本語を選択します。

メールアドレスを入力し、任意のパスワードを入力します。

パスワードは大文字小文字数字を含めて作成してください。

入力したら【次】をクリックします。

この画面がでたら、メールを確認します。

バイナンスの影響で普段より混雑しているので、メールが届くのに少し時間がかかる場合があります。

また、しばらく待っても来ない場合、ゴミ箱を見てください。

(私はgmailだったのでしっかりゴミ箱に入ってました…)

リンクをクリックするとログイン画面になるので、先ほど設定したメールアドレスとパスワードを入れてログインします。

KuCoin(クーコイン)二段階認証

二段階認証はGoogle Authenticatorを利用します。

持っていない方は先に登録してください。

上部のバーの【設定】をクリックします。

開いたら横のグーグル2ステップをクリックします。

アプリからQRコードを読み込みます。

アプリに6桁の数字が表示されるので、入力して【提出】をクリックします。

この画面が表示されたら、二段階認証完了です。

Posted by pointseikatu